溶解注射について教えて!

脂肪溶解注射における仕組みについて

投稿日:

脂肪溶解注射における仕組み
脂肪溶解注射は、手術をしなくても注射一本で脂肪をなくしていくという施術方法です。

ですが、どのようなメカニズムになっているのでしょうか?注射で脂肪が解けるとはなんだか怪しいような感じや、副作用があるのでは?と感じたりもすると思います。

恐怖心を抱いている人もいるでしょうが、どのようなメカニズムなのかをしっかりと把握しておけば、施術に対する不安も少なくなると思います。

脂肪溶解注射で使われる薬剤は、高脂血症という病気に対するもので利用されたものです。

脂肪溶解注射で使われる薬剤は、もともと高脂血症の治療に使われていた薬です。もちろん、しっかりとした臨床試験などを得ていますので安全性は確保されています。

そこに、薬品の成分にアミノ酸やビタミン成分が含まれているものを脂肪層に注入します。

すると、薬品の成分が脂肪分に作用することにより、脂肪分が溶ける成分であるリパーゼを生産する作用を発生させ、脂肪が解けていくということになります。

溶けた脂肪分は、老廃物を運ぶリンパ液に流れていきますので、余分な脂肪は自然に排出されるというわけです。

また、脂肪分だけではなく、脂肪細胞もとかしてくれますので、リバウンドもしにくい方法となっています。

【参照サイト】http://www.cobisec.org/

基本的には、薬品の力と体内の自然な活動を利用して脂肪分を減らすということなのです。手術のように体を切ったり、強引に脂肪を減らすようなことはしないので安全性は高いです。

注射後に、数日間ほど肌の腫れがおこったりもしますが、痛みも比較的軽く軽いクリーム麻酔も施術してくれるところもありますので、痛みに関してもかなり少ないといえます。

医療施術でありながらも、手術は不要でありますので、身体的な面のリスクも少ないし、安心感がとても大きい施術なのです。

大きな副作用もなく、施術も部分痩せができたり、いろいろなところに利用ができる施術でもありますので、多くの人がかなり手軽に行えるものですから、不安を感じることなく行えるものです。

-溶解注射について教えて!

Copyright© マッチングアプリで確実な婚活を!おすすめアプリや出会える確率~efpam.org~ , 2020 All Rights Reserved.